サーチタイムズ

現役キャリアアドバイザーが転職ノウハウや、
現場のリアルな情報をお届けします!

第6回 退職交渉で失敗しない為のポイント

転職活動の最後のフェーズであり、そして最難関ともいえるのが退職交渉です。
特に最近の好景気を背景に、企業側としても優秀な社員を退職させたくないため、強烈に退職を引き止める傾向にあります。
退職交渉に臨むにあたり、一番重要なのは、転職をするという強い意志です。
それが曖昧な状態ですと、現職からの引きとめ時に意思がぶれてしまい、不本意な形で残留し、将来後悔されるケースもあります。

退職交渉で重要なPOINT

【退職交渉開始から退職日までの期間】

民法上は2週間前に申し出れば退職できます。しかし、就業規則で1ヶ月前までに申し出ることを定めている企業が多いのが現状です。まず、現職の就業規則を確認してください。
現実的には、業務引継期間等を考えると、退職日1ヶ月前に申し出るのが通常です。
業務引継をいいかげんに行なったために、退職後にトラブルなどが起きて、前職から連絡が入ったりするケースもありますので、しっかりと業務引継を行いましょう。
業務引継時は、準備が重要です。「業務引継シート」を作成した方がいいでしょう。

【退職の意思表明について】

まず、最初に意思表明をするのは直属の上司です。スピードを意識して直属の上司を飛び越えてその上位者の方とか、人事の方に相談するのは避けましょう。直属の上司が本人ではなく他の方から退職の意向を聞かされたら、上司として気分を害し、退職交渉がこじれるケースもありますので、しっかりと順序立てて行なってください。

【退職願の提出について】

退職願は儀礼的なものですので、上司と話し合い、退職が認められてから提出するケースが多いです。最もいけないのは、ドラマみたいに何も言わずに上司に退職願をたたきつけることです。これは後々のトラブルに発展する可能性があります。

【引きとめについて】

最難関なのが引きとめです。「希望の部署に異動させる」「給与を上げる」「あなたを慕っている後輩をどうするんだ」「将来の幹部候補として、考えていたのに・・・」など、様々なカードを切ってくる可能性があります。そして、上司は当然として、役員、場合によっては社長からも毎日呼び出し(夜の飲み)をされ、慰留されることもあります。精神的に最も辛い時期ですが、ここで大事なのは、転職をする強い意志です。具体的には、転職活動をはじめた時の原点に立ち戻り、なぜ転職を考えたのか?何を実現するために転職をするのか?を思い出して下さい。一時期の感情に流されるのではなく、夢の実現に向けての試練だと思い、理解いただけるように粘り強く交渉してください。

転職エージェントに相談すると、退職時から逆算したシナリオプランニングをアドバイスしてくれます。転職エージェントには豊富な退職交渉事例がありますから、強烈な引き止めで悩んだ際にも、あなたに合った実践的な解決策をアドバイスしてくれるはずです。

さて、「転職活動」における注意点を、6ヶ月に渡りお伝えして参りましたが、如何でしたでしょうか?
当然のことながら、転職を考えていらっしゃる方それぞれにアドバイスポイントが違ってきます。ここでお伝えした内容はあくまでも基本的なケースで、まだまだお伝えできていないケースが沢山ありますが、皆様の転職活動に少しでも役に立てれば嬉しく思います。

バックナンバー

Copyright © 1998-2012 CyberAgent, Inc. All Rights Reserved.