サーチタイムズ

現役キャリアアドバイザーが転職ノウハウや、
現場のリアルな情報をお届けします!

第2回 転職活動の落とし穴と知って得する情報

(1)キャリアビジョンを持とう!

(2)転職に焦りは禁物!

焦りは禁物!売り手市場の今、焦って決める必要はありません。

次に重要なのが、焦らずに活動するということです。
現在 中途採用をしている企業が多く、転職を希望される方にとっては、恵まれた環境であるといえます。 だからこそ、焦りは禁物です! これを心がけないと落とし穴に陥る可能性があります。

今、転職サイトなどでも多くの求人情報があり、特に20代の方は完全な売り手市場です。 数年前と比較すると応募書類での書類合格率も高く、内定獲得率も非常に高くなっています。
ここで、気をつけなければいけない点としては、焦って入社を決めてしまい失敗する事です。
先ほどの「自分は何を目的として転職をするのか」という事をしっかりと考えて活動すれば、ある程度は解決できますが、しかし求人件数がこれだけあるとそれだけでは解決できないと思います。 ここで重要なのは、先入観にとらわれず、転職活動をするということです。

焦って転職しない為に、具体的にすべき事とは?

時間の許す限り、多くの企業に応募する事です。
できるだけ多くの比較対象があって、最終意思決定をされる方が後悔のない転職活動が出来ます。
そのためには、応募企業の知名度だけではなく、ベンチャー企業であっても成長性が高く、入社後ご自身が仕事で活躍しているイメージが少しでも湧くのであれば、チャレンジするべきだと思います。
皆さんも高額な商品を購入される時は、色々な情報を集めて、比較されて慎重に購入されると思います。
転職活動は人生において非常に重要な事ですので、それ以上に色々な情報を集めて、比較されて慎重に意思決定されるべきだと思います。

応募先に勤める知り合いがいないか調べてみましょう。

応募企業の情報収集手段として、その企業の知り合いがいないかなどを調べて、もしいるのであれば、事前にお聞きするのも一つの手段だと思います。意外と周りの友人などに聞いてみるとその企業にお勤めの方を知っているケースが多いです。

内定後には、同世代で中途入社された方との面談を依頼してみましょう。

内定後には、実際 ご自身と同世代で中途入社された方との面談を企業にお願いするのもあると思います。実際の現場の声が聞けて有意義だと思います。
転職エージェントに依頼すると、仲介をしてくれる場合もありますので、ご相談されてはいかがでしょうか。

転職サイトの応募資格に経験が満たないからと言って躊躇しない!

転職サイトなどに記載されている「○〜○歳」「××経験△以上」などの応募資格ですが、ご自身が対象から外れていると、あきらめる方が多いのではないでしょうか。しかし。企業にとって応募資格は「一つの目安にすぎない」「多少条件から外れていても、それを補って余りあるスキルとか可能性を感じれば採用を考える」という声があります。
ですから、応募資格から外れているからといって、すぐに諦める必要はありません。 諦めることなく、まずは応募してみましょう。

特に、同業界、同職種の経験があれば、応募資格から多少外れていても、即戦力として評価される可能性が十分あります。
但し、気をつけなくてはならないのは、異業界もしくはキャリアチェンジである異職種を目指すなら、「勝手なイメージを描いて漠然とあこがれているだけ」と思われないように気をつけて下さい。
また経験はないが資格があるから大丈夫と考えるのも間違いです。企業が人材に求めるのは、今まで何をやってきて、何ができるか。テクニカルスキルに関しては、一部を除いて資格はあまり関係ないからです。応募資格に経験が満たない場合、応募企業にとってご自身の何が活かせると考えるかをしっかりアピールできる職務経歴書を作成するなど、ひと手間かけることで、書類の通過率もUPさせる事が可能です。ぜひ、時間をかけてでも アピールポイントを整理してみて下さい。

以上が転職活動の落とし穴と知って得する情報です!
次回は、いざ応募となった時に、何をすべきかのノウハウをお伝えしていく予定です。 どうぞよろしくおねがい致します!

1 / 2 

バックナンバー

Copyright © 1998-2012 CyberAgent, Inc. All Rights Reserved.