サーチタイムズ

【転職の難関】職務経歴書の書き方

転職の第一ステップは書類審査です。転職初心者にとって「職務経歴書」を作成するのは初めてのこと。意外と難しいこのステップをクリアするにはどうしたらいいのか?  そのためには、きちんと書類作成のコツをつかみましょう。

10秒で判断される書類審査

転職の第1関門は書類審査。その際に必要となるのが「履歴書と職務経歴書」です。
書類審査によって転職志願者をふるいにかけるため、非常に重要なステップといえます。
とはいえ、働き始めて間もない第二新卒者などは、「何をどう書いたらいいのかわからない」
「実績に乏しい」ということもありますが、少しでもアピールにつながる内容はもれなく盛り込みましょう。

書類審査にかける時間は、応募者の多い企業などは1人につき10秒程度ということもあります。
決まったフォーマットがない書類だけに、業務内容だけでなく、具体的な実績やあなたの熱意が伝わる職務経歴書を作成して書類審査の難関を突破しましょう!

職務経歴書の書き方

職務経歴書はフリーフォーマットなので、レイアウトの工夫や文章の出来不出来などで大きく個人差が出る書類です。ただ、最近は「転職サイト」などで、フォーマットがダウンロードでき たり、サービスを利用することで、無料でコンサルタントから書き方を診断してもらえる転職サイトもあるのでぜひ利用してみましょう。

レイアウトの一例【一般的な時系列式】

  • @職務経歴
    いつからいつまで、どこの部署・課で、どんな業務に携わってきたかを時系列で記入する。
  • A業務内容
    ・在籍した会社について上場か非上場か、業種、従業員数などを記入する。わからない場合は会社案内、ホームページなどで確認する。
    ・業務内容、年月、配属先、職務を見出しとして立てる。
    ・文章は横書きで、主語は省略し、箇条書きでできる限り簡潔に書く。
    ・どのような実績を残したか(売上、利益、業務改革、コスト削減、顧客満足度の向上など)を具体的な数値を用いて表現する。
  • B資格取得
    ・仕事に直接関係していなくても、保有している資格は全て取得年順に記入する。
    ・名称は正式名称を記入する。
    ・取得を目指して勉強中のものも記入する。
  • C得意分野/スキル
    取得した業務知識、アプリケーションの開発スキル、マネジメントスキルなどを記入する。
  • D自己PR
    自分自身の能力や仕事に対する価値観など、アピールしたい点を記入する。また、なぜその会社を志望したのか、その会社に入社し、どのような貢献ができ、自分が成長できるかを記入する。
職務経歴書のチェックリスト

人事採用担当者は、以下のポイントで、職務経歴書をチェックします。記入が終わったら自分でチェックしてみましょう。

職務経歴書のチェックリスト

Copyright © 1998-2012 CyberAgent, Inc. All Rights Reserved.