サーチタイムズ

愛と怒りの人生道場

お酒に頼りがちです

「お酒が手放せなくてどうしようもない」というほどではないのです。
ただ、日頃のストレスや疲労を癒すために、何かとお酒に頼ってしまいます。
健康診断の前日以外はほぼ毎日、隙があればランチにも、、。
これはもう依存症でしょうか。
もうそこそこの年齢なのに、会社の飲み会でも色々やらかしているようです。(微かに記憶は残っています。)後日状況を報告され、反省するのですが、
それでも懲りずに繰り返してしまいます。
もっと充実したスマートな大人になるには、どうすればいいのでしょうか。

(相談者:20代後半/女性/クリエイティブ職)

今回のアドバイス

チャンポンを辞めろ!

お前の悩みを見て、毎日酒を飲んでストレスや疲労を癒すことは全く問題ないと考えるぜ。ただし、お前の問題は記憶をなくすほど、飲むな!ということに尽きるぜ。

俺の20代を振り返ると、お前同様、おそらくそれ以上に毎晩酒を飲んでいたぜ!ランチにビールを飲めるなんていうのは可愛い話で、俺は毎日が二日酔いでランチを向かえるため、ビールどころか食事もおぼつかない日々だったぜ。そして俺も、酒の席で言わなくてもいいことを言ってしまい相手を傷つけたりし、必ずその翌日は自己嫌悪に陥っていたぜ。

ある日、何故それほど飲んでしまったのかを振り返り、ひとつの共通点を発見したぜ。それはチャンポンだったぜ!自己嫌悪に陥るほど酔っ払う時は、ビール・焼酎・日本酒・ウィスキーなど複数のジャンル(ちゃんぽん)のお酒を、何件もはしごしながら飲んでいるときに発生していたぜ。それに気がついてからは、何件かはしごしそうで飲む量がいきそうな時には1〜2種類のお酒に統一することで失態が激減したぜ!

俺がいいたいことは、失態をするには失態をする人それぞれの原因があり、その原因をしっかり分析することで克服できるということだぜ!俺における「ちゃんぽん」同様、何かお前を失態に導く必然性の高い原因がある、ということだぜ。その原因をしっかり把握することで激減できるぜ。

お酒は付き合い方によって人生を豊にしたり、不幸にしたりするぜ。
いいお酒を飲んで欲しいぜ、熱いぜ!

γ―GPTに気をつけろ!

俺は20代から健康診断でγ―GPT(ガンマGPT)が高いと指摘され続けているぜ。その原因はアルコールであり、全く言い訳のできない飲みすぎ状態だったぜ。20代の頃は高いγ―GPTは社会性の象徴であり、それが平常値であることは非社会的だ!と持論を展開し飲み続けていたぜ。

しかし、40歳になった今、健康を振り返ると俺の持論はかなり無謀であったと反省しているぜ。米国では優秀なビジネスマンはセルフコントロールがしっかりしている人を言い、太りすぎや飲みすぎなどの病気は「できない奴」の烙印を押されてしまうからだぜ。

その意味において、毎日の飲んでしまうお前の状況は健康を害する可能性が高いと言えるぜ。しっかりした主治医と契約し主治医の指示に従って欲しいぜ。俺はニンニク注射の発案者でTVでおなじみの平石クリニックの平石院長と主治医契約しているぜ。肝機能は俺の泣き所であり、週一回は肝機能を高めるためにニンニク注射をしているぜ。

これからのクリニックは病気になってから通うところではなく、コンディションを整え病気にならないために通うポジティブな所だぜ。
お前も肝機能が心配であれば平石クリニックのニンニク注射はお勧めだぜ、熱いぜ!


回答者/大篠充能・・・(プロフィール

 

イラスト/本田真吾

バックナンバー

回答者プロフィール
大條 充能(だいじょう みつよし)

大條 充能(だいじょう みつよし)
1965年青森県弘前市生まれ。総務業務のアウトソーシングサービス会社「株式会社ゼロイン」社長。 地元の高校を卒業後、コメディアンを目指すも果たせず、縁あってリクルートに入社。 1998年にリクルートを退社しゼロイン設立。日本中の会社を元気にすることを使命に日々奮闘中。
著書に『熱いぜ!! 悩まない人生方法』(宙出版)がある。

社会人のオキテ―どんな会社でも自分を生かす50の熱い方法 (単行本)

社会人のオキテ―どんな会社でも自分を生かす50の熱い方法 (単行本)
出版社: 実業之日本社 (2005/02)

熱いぜ!大條充能blog
日本中の働くお前と会社を元気にする男 大條充能blog

Copyright © 1998-2012 CyberAgent, Inc. All Rights Reserved.