サーチタイムズ

愛と怒りの人生道場

人付き合いが苦手です

私はとにかく人付き合いが苦手です。
一度、誰かを「嫌い」と思ってしまうと、どうしても、悪いところしか目に入らなくなって
しまいます。嫌いになった人が、仕事上、関わり続けなくてはならない相手だと、苦痛でしかたありません。顔に出さないようにするのが精一杯です。 社内でも、同じ部署の人たちの輪に入るのが、義務のように思えることがあります。もちろんコミュニケーションは必要だと思うのですが、それ以上に、一定の距離を保ちたいという気持ちが強いのです。そのため、会話に入らなかったり、お誘いに乗らないことも多いので、まわりからは「心を開いていない」と思われているかもしれません。 どうすれば、不快な思いを与えず、しかも一定の距離を保ちつつ、まわりの人と良い関係を築くことが出来るのでしょうか?

(相談者:30代前半/女性/事務・広報系)

今回のアドバイス

見極めろ!

俺がサラリーマンだった頃、お前と同様に大嫌いな同僚がいたぜ。
俺は本当に嫌いかどうかを実験しようと毎朝大きな声で挨拶をすることにしたぜ。
しかも相手の名前までつけた挨拶だぜ。「○○さん、おはようございます!」と懲りずに毎朝やったぜ。
しかし、俺が求めるフレンドリーな挨拶が彼から返ることは一度もなかったぜ。俺が嫌いになるべき相手であることを十分に確認したうえで、あからさまな 黙殺攻撃を開始したぜ。彼に何を言われようが黙殺し続け、俺の眼中から彼の存在を消去したぜ。そして更に、業務上においても徹底して彼の業績をリードし組織的な俺の存在感を高めたぜ。職場で重視される俺に黙殺されることで彼は予想以上に堪えたらしく最後は俺に謝罪してきたぜ!
いいか、お前もやるなら徹底的にやってほしいぜ!中途半端にいい顔をせず、挨拶攻撃によって本当に嫌いになっていい奴かどうかを確認してほしいぜ。そして見極めたら黙殺攻撃にでてほしいぜ。社会人だからと、大人ぶった対応をするよりも徹底的に感情的にいった方が相手を変えることもあるぜ。熱いぜ!

群れるな!

俺は今も昔も群れることは大嫌いだぜ!
具体的にはランチをみんなで食べに行ったり、必要以上に職場の同僚や部下と飲みに行かないぜ。それは職場という狭い視野でしか物事を見れなくなるし、何よりも人の悪口や愚痴などネガティブな話が多いから俺にとってプラスがないからだぜ!俺はランチを自分の時間として大切にしているし、ディナーは社外の交流の時間として活用しているぜ。極力、職場のコミュニケーションは業務時間中に実施するようにしているぜ。 お前も必要以上に群れる必要はないぜ。お前というキャラクターを理路整然と職場の仲間に伝え理解してもらおうぜ。
群れないことが心を開いていないということにはならないぜ。自信をもってお前のペースで一定の距離を担保し人間関係を構築してほしいぜ。 逆に言えば、心をさらけ出して距離を担保せずに接することができる相手というのは家族などのように極少だぜ。
結局は表面的群れているに過ぎないはずだぜ。
全く問題ないぜ、熱いぜ!!

回答者/大篠充能・・・(プロフィール

 

イラスト/本田真吾

バックナンバー

回答者プロフィール
大條 充能(だいじょう みつよし)

大條 充能(だいじょう みつよし)
1965年青森県弘前市生まれ。総務業務のアウトソーシングサービス会社「株式会社ゼロイン」社長。 地元の高校を卒業後、コメディアンを目指すも果たせず、縁あってリクルートに入社。 1998年にリクルートを退社しゼロイン設立。日本中の会社を元気にすることを使命に日々奮闘中。
著書に『熱いぜ!! 悩まない人生方法』(宙出版)がある。

社会人のオキテ―どんな会社でも自分を生かす50の熱い方法 (単行本)

社会人のオキテ―どんな会社でも自分を生かす50の熱い方法 (単行本)
出版社: 実業之日本社 (2005/02)

熱いぜ!大條充能blog
日本中の働くお前と会社を元気にする男 大條充能blog

Copyright © 1998-2012 CyberAgent, Inc. All Rights Reserved.