サーチタイムズ

愛と怒りの人生道場

理不尽な職場を辞めるべきか悩んでいます

フリーペーパーを出版・制作している会社に転職して4ヶ月。入社後まもなく、意地の悪い女編集長と社長の長い不倫関係を知りました。その女編集長に企画を出すと理不尽な理由で却下されたり、不平等な仕事配分をされ、とても悩んでいます。
子供がいるので遅い時間までの就業は出来ないと面接で伝えていましたが、原稿を〆切までに入稿する為、早朝から出勤し、終電近くまで残って仕事しています。 「同僚と原稿数を同じに配分したい。私には他部署からの仕事もある。」と直訴すると、感情を爆発させ「○○は遅くまで残ってるだろ!」と怒鳴られました。前号でもミスが発生し、要因として「単純ミスですが、キャパ超えも1つの要因と思います。」と一言付けたら、「お前がキャパ超えなんて言うな!」「ムカツク」と怒鳴られ、ロジカルに話をしたくても彼女は感情的になり、話し合いになりません。
もう転職しようかと思いましたが、私が出社しなければ原稿は出来ず、同僚だけで発行するのは無理な状況です。そんな状況の私とはひきかえ、編集長は毎朝遅刻、毎晩経費で不倫関係にある社長と呑んでいます。
入社したからにはデタラメで酷い今の状況を少しでも改善したい、と考えて他部署と連携してきましたが限界を感じています。シングルマザーなので、できれば家庭を優先したいです。答えは出ているのに、今の仕事を投げ出すことについて自分を責める日々が続いています。もう、転職した方がいいのでしょうか。

(相談者:30代前半/女性/クリエイティブ系)

今回のアドバイス

社長の職場不倫はダメ会社の証だぜ!

はっきり言うぜ。お前が家庭を優先することに加え、仕事で自己成長や自己実現したいというのであれば今すぐ会社を辞めようぜ!
こともあろうに、社長が職場で不倫関係にあるような公私混同かつ節度のない経営者がいる会社は発展することは難しいぜ。そしてそんな経営者は社員を道具のように扱い使い捨てにされてしまうぜ。これはドラッカーが言っていたことだが、働くということは給与を得ること以外に仕事を通じて自己実現し、社会貢献することでモチベーションが向上すると言っていたぜ。
素晴らしい経営者がリードする会社は社員のモチベーション向上を何よりも優先し、風通しの良い職場環境を創造し、何よりも社会に貢献するビジョンを優先するぜ!それに対してお前の会社の社長がやっていることは、全く自己中心的であり社会貢献や社員の環境づくりなどへの思いは全く感じられないぜ。不倫関係にある編集長への屈折した愛情に埋没している大馬鹿野郎だぜ!
いいか、そんな会社にいてもお前にとって何のメリットもないぜ。シングルマザーであればなおのこと、働くことで自己実現できるいい環境の会社に転職し、もっと前向きな議論を交わせる仲間がいる所に転職しようぜ。勇気を出してアクションしようぜ、熱いぜ!

期限を区切れ!

お前は自分が辞めることでの会社への影響を心配しているぜ。本当にいい奴だぜ。しかし、お前がやめた後の会社運営の責任は不倫で頭が一杯の社長と編集長にあるぜ!全くお前には責任がないからアクションしてほしいぜ。ただし、筋を通すのであれば辞めることを通達し、次期担当者への引継ぎ期間を3ヶ月くらいに設定し退職しようぜ。3ヶ月の猶予期間を提示するこことは一般的にも会社に筋を十分通っていると思われるし、逆にその期間に後任を採用できないのは明らかに会社の問題となるぜ。
俺はリクルート社を退職する際に過度な引きとめにあったが、半年かけて説得し、コンセンサスをとってから1年かけて退職したぜ!俺は十分すぎるほど筋を通して円満退社を創造したぜ。お前は俺とは状況が違うが、筋を通すという考えは「人」として重要だぜ。期間を区切って退職を前に進めようぜ。まさかお前が退職など言ってこないと思い込んでいる社長と編集長はあせってしまうぜ!そのシーンを早くみたいぜ。頑張ってほしいぜ、熱いぜ!

回答者/大篠充能・・・(プロフィール

 

イラスト/本田真吾

バックナンバー

回答者プロフィール
大條 充能(だいじょう みつよし)

大條 充能(だいじょう みつよし)
1965年青森県弘前市生まれ。総務業務のアウトソーシングサービス会社「株式会社ゼロイン」社長。 地元の高校を卒業後、コメディアンを目指すも果たせず、縁あってリクルートに入社。 1998年にリクルートを退社しゼロイン設立。日本中の会社を元気にすることを使命に日々奮闘中。
著書に『熱いぜ!! 悩まない人生方法』(宙出版)がある。

社会人のオキテ―どんな会社でも自分を生かす50の熱い方法 (単行本)

社会人のオキテ―どんな会社でも自分を生かす50の熱い方法 (単行本)
出版社: 実業之日本社 (2005/02)

熱いぜ!大條充能blog
日本中の働くお前と会社を元気にする男 大條充能blog

Copyright © 1998-2012 CyberAgent, Inc. All Rights Reserved.