サーチタイムズ

更新日:2007年4月2日

IT業界は人材が不足しており、求人は他業界と比較しても多くなっています。
前回に引き続き、未経験からIT業界に挑戦しようとする方のための資格をご紹介します。

【ITインストラクター】を目指すならこの資格!

マイクロソフト社製品に関する
正しい知識とインストラクションスキルを証明
「マイクロソフト・オフィシャル・トレーナー(MOT)」

マイクロソフト社のOffice製品に関する高い知識と技能を証明します。「経理・事務編」でご紹介した、マイクロソフト・オフィス・スペシャリスト(MOS)を取得し、さらに上を目指す資格です。Excel、Word、Access、PowerPointといった製品・バージョンごとに取得できます。
MOTを取得するには、MOS(Excel、WordはSpecialist/Expertの両方)の取得、「MOT Essentials」の受験、MOTインストラクション認定研修の受講と課題の提出が必要です。上位資格にMOT Expertがあります。

実施機関 マイクロソフトMOT事務局(マイクロソフト株式会社)
 
試験日 随時(試験会場による)
会場 全国各地
受験料 MOT Essentials 9,450円(1科目)
MOTインストラクション認定研修費用 会場による(5万円前後)
インストラクション認定研修課題評価費 12,600円
申込み方法 インターネット
学習方法 スクール、通信講座、対策書籍等
ホームページ マイクロソフトMOT事務局

●【ITインストラクター】の仕事とは

Office製品を使いこなせることはビジネスで常識となっているので、パソコンスクールや企業の研修等で活躍できます。
Officeの新バージョンが出るごとに更新し積極的にスキルアップする向上心、指導するための高いコミュニケーションスキルが必要です。

●資格を活かすには

パソコンスクールに勤務

初めてパソコンを使う人、IT業界への就職・転職者希望者に指導します。
スクールによって、必要となる製品知識は大きく異なります。

企業の教育部門に勤務

企業の教育部門や、人事部新卒担当として指導をします。 一般のビジネスマナーの指導も行います。

Copyright © 1998-2012 CyberAgent, Inc. All Rights Reserved.