サーチタイムズ

更新日:2007年3月1日

IT業界は今後ますます発展して行く業界として注目されています。そのため人材が不足しており、求人は他の業界と比較しても多くなっています。IT業界で活躍するためには専門知識が必要ですが、研修等が充実している企業もあり、未経験者でも就職・転職がしやすい業界です。
今回は、未経験からIT業界にとびこもうという方のために、プログラマーとネットワークエンジニアの仕事に役立つ資格をご紹介します。

「SE(システムエンジニア)になりたい」
【プログラマー】から始めるならこの資格! 

プログラムの設計・開発の一連の業務知識を証明する
「基本情報技術者」

国家資格試験「情報処理技術者試験」の中でも、システムを開発するうえで入門的な資格です。レベルは基礎レベルですが、ハード(パソコン内部)、システム開発・運用、ネットワーク、データベース、セキュリティ、経営(ERP)と出題範囲が幅広くなっています。国家資格ですので、認知度が高く人気のある資格です。

実施機関 独立行政法人情報処理推進機構
 
試験日 年2回(4月第3日曜、10月第3日曜)
会場 全国各地
受験料 5,100円
申込み方法 インターネット、郵便局
学習方法 対策書籍、通信講座、スクール等
ホームページ http://www.ipa.go.jp/
C言語を使ったプログラミング能力を証明する
「C言語プログラミング能力認定試験」

UNIXの普及に伴って、C言語は現在、最も普及しているプログラミング言語ですので、ニーズも高くなっています。レベルは1級から3級までありますので、初心者は3級から取得していき、2級までは取得したいところです。

実施機関 株式会社サーティファイ
 
試験日 3級:年3回(2月、7月、9月)
会場 札幌、東京、名古屋、大阪、福岡
受験料 3級:4,600円
申込み方法 インターネット、郵送
学習方法 対策書籍、通信講座、スクール等
ホームページ http://sikaku.gr.jp/

「携帯アプリに特化したSEになりたい」
【プログラマー】から始めるならこの資格! 

Java言語を使ったプログラミング能力を証明する
「Sun Java Certification(SJC)」

主に携帯アプリで利用されており、ニーズが高いプログラミング言語「Java」を使った、プログラミング能力を認定します。Java言語の開発元の「サン・マイクロシステムズ社」が認定している、世界共通の資格です。レベル・専門分野が分かれているので、初心者は基礎知識を認定する「アソシエイツ(SJC-A)」から、基本的なプログラミング能力を認定する「プログラマ(SJC-P)」を目指しましょう。

実施機関 アール・プロメトリック株式会社
 
試験日 随時(試験会場による)
会場 全国各地
受験料 15,750円(SJC-A)、25,200円(SJC-P)
申込み方法 インターネット、FAX
学習方法 サン主催のオンライン・トレーニング、スクール、対策書籍等
ホームページ http://www.prometric-jp.com/

●【 プログラマー 】の仕事とは

SE(システムエンジニア)が設計したシステム仕様書に沿って、実際のプログラミング言語を使ってプログラムを作成する仕事です。
システムの処理手順を表すフローチャート作成、プログラム言語でのコーディング、プログラムが正しく動作するか、エラーの修正等、システムを実際に作成する作業を担います。 チームを組んで作業をするので、専門知識だけではなく、協調性も必要です。 プログラマーからチームリーダーとなり、SEへのキャリアアップを狙えます。

●【SE(システムエンジニア)】の仕事とは

コンピュータを使って業務を効率的に進めたいと考えているクライアントに対して、要望に合ったシステムの企画・設計をする仕事です。
コンピュータやプログラミングの専門知識だけではなく、クライアントの業務内容についての知識や、要望を的確に聞き取ったり、企画を提案し交渉したりする高いコミュニケーション能力が必要となります。

●資格を活かすには

システム開発会社に勤務

クライアントの要望をヒアリングし、要望に合ったシステムを提案・作成します。
チームでの仕事で経験を積み、プログラマーからSEへのキャリアアップを狙えます。

プログラマーとして派遣登録

プログラミングのスキルを持った人材は不足しているため、プログラマーとして派遣会社に登録し働くことも可能です。
専門知識を持った職種なので、時給は高いです。

次のページは「ネットワークエンジニア」 のための資格です。

Copyright © 1998-2012 CyberAgent, Inc. All Rights Reserved.