サーチタイムズ

更新日:2006年12月20日

今回は金融・不動産業に勤める方、またこれから就職、転職を目指す方に向けて、本当に仕事に活かせる資格とその生かし方をご紹介します。

【ファイナンシャルプランナー】を目指すならこの資格! 

生活に関するお金のプロ
「ファイナンシャル・プランニング技能士(1〜3級)」

金融商品、相続、保険、不動産、年金、税金等、幅広い知識によりライフプランを設計する、厚生労働省認定の国家資格です。
取得方法は3級から順に受験していくか、通信講座やスクールを利用し、AFP認定研修を終了後、2級を受験する、などいくつかの方法があります。ぜひ2級取得を目指したいところです。

実施機関 社団法人金融財政事情研究会
NPO法人日本ファイナンシャル・プランナーズ協会
試験日 年3回( 1、5、9月)
会場 全国各地
受験料 学科4,200円、実技4,500円(2級)
申込み方法 インターネット、書店等
学習期間 3〜6ヶ月程度 対策書籍、通信講座、スクール等
生活に関するお金のプロ
「AFP」

金融商品、相続、保険、不動産、年金、税金等、幅広い知識によりライフプランを設計する資格です。 2年毎の更新制で、継続教育が必要となります。
取得方法は、通信講座やスクールを利用してAFP認定研修を終了後、2級ファイナンシャル・プランニング技能検定を受験します。合格後は、日本ファイナンシャル・プランナーズ協会に資格認定会員として入会すると、AFPライセンスが取得できます。
上級資格として、国際ライセンスのCFP®があります。

実施機関 NPO法人日本ファイナンシャル・プランナーズ協会
 
試験日 年3回(1、5、9月)
会場 全国各地
受験料 AFP認定研修  29,400円〜(通学は10万円前後)
2級FP技能検定 学科4,200円、実技4,500円
資格認定登録 入会金10,000円 年会費12,000円
申込み方法 インターネット、書店等
学習期間 3〜6ヶ月程度 対策書籍、通信講座、スクール等
ホームページ http://www.jafp.or.jp/index2.htm

●【ファイナンシャルプランナー】の仕事とは

金融業界では規制緩和によって業務範囲が広がっており(例:銀行で保険商品が販売できるようになるなど) 、幅広い 専門知識を持つ人材が必要とされています。
ファイナンシャルプランナーの資格と専門の資格(保険、不動産、証券など)を持っていると、即戦力として注目されると いうメリットがあります。
保険、銀行、証券、不動産などの企業で求人の募集が行われています。 実務経験を積んでいけば、ファイナンシャルプランナー事務所に勤務、または新規設立など、独立することも可能です。

●【ファイナンシャルプランナー】の資格を活かすには

保険会社に勤務

顧客のライフプランをヒアリングし、最適な保険や
個人年金の提案をします。保険外交員や店舗窓口としても活躍できます。

銀行に勤務

ローンや貯蓄、資産形成の相談に乗り、
顧客に最適な金融商品の提案をします。

次のページは資産運用のプロを目指す資格です。

Copyright © 1998-2012 CyberAgent, Inc. All Rights Reserved.