サーチタイムズ

第1回 パンフレット・説明会のチェックポイント

境 哲也(さかい・てつや)
ガイド : 境 哲也(さかい・てつや)>>プロフィールと記事一覧
1990年大学卒業後、広報・宣伝業務、専門学校運営全般の業務を約8年間経験後、塾・予備校、商社の新規eラーニング事業に参画。現在、株式会社AOIインターナショナル取締役。企業の採用・研修や専門学校のコンサルテーションを担当。

スクール選びの重要なポイント「パンフレットの読み方」から、説明会で見るべきこと・聞くべきことのチェックポイントまでご紹介します。

パンフレットでわかる!スクールの選び方

まず、パンフレットを読み込む前に、スクールを選ぶ大切なポイントがあります。それは資料請求後、パンフレットが到着するのに何日かかったか、ということです。

インターネットで同日に数社のスクールに資料請求をしたところ、スクールによってパンフレットの到着がまちまち・・・。中には、せっかく興味を持って資料請求をしたのにもかかわらずパンフレットが一向に届かないなんてことも。

失敗しない!資格スクールの選び方

スクールを運営する事務局にとって、パンフレットの発送業務は、入学を希望する方との最初の接点になる、とても重要な業務のひとつです。その対応が遅れるということは、スクール運営のフットワークをはかる大事な物差しのひとつともいえるのではないでしょうか。

最近は、パンフレット送付の際に料金が比較的安価な大手運送会社のメール便を使うスクールが増えています。その場合発送には約3〜4日かかります。その日数を大きく超える場合には、スクールに問い合わせてみた方がよいでしょう。

中には、募集期間が終了していたり、定員オーバーであったり、予想外の問い合わせの多さでパンフレットを増刷中などの理由により発送が遅れる場合もあります。その際は、資料請求した際のサンクスメールにその旨が明記されていることがありますので、スクールからのメールにはきちんと目を通しておくことをおすすめします。

パンフレットはいわばスクールの「顔」

多くのスクールから資料を取り寄せてみてわかるのは、豪華な装丁のものから、コピー刷りをしたような質素なものまで、スクールによってこうも違うものかということです。

そこで質問です。届いたパンフレットの第一印象はどうだったでしょうか?

「かっこいい」「おしゃれ」「難しそう」「楽しそう」「初心者の私にもできそう」とか、スクールによってカラーが出ています。パンフレットはまさにスクールの『顔』。そのパンフレットの見た目の第一印象も、スクール選びのポイントの一つです。

「このスクール、自分に合うかもしれない」という感覚はとても大事です。特にデザインやファッション、美容系などの講座を検討している場合は、自分の感性と合っているかどうかということも判断できますし、PC・ITスキルを習得したいのであれば、自分の現状のレベルをどれだけ引き上げられるかということもイメージもできます。その感覚を持ちながら、しっかりパンフレットを読み込んでいきましょう

まず、表紙をめくると、どのスクールも学長のコメントや、スクールのコンセプトが掲載されているページがあります。このページには多くのスクールのかなりの力と時間を費やして制作しているものですが、資料を請求された方からすれば、受講料とかカリキュラムのページはしっかりご覧になるとは思いますが、実は読み飛ばされがちなページです。

しかし、ぜひみなさんには、読み飛ばさずにしっかり読み込んでみることをおすすめします。なぜならそこにはスクールの考え方や方針、他校と比較してどのようなことを差別化しているのかという「スクールの売り」が語られているからです。たとえばスクールの「売り」として、「初心者対象」「即戦力養成」「高い合格・就職実績」などがありますが、それらを実現するためにそのスクールはどういった工夫をしているのかということをわかりやすく紹介するのがパンフレットなのですから、ぜひスクールが自分に合うか否かを判断する前提となるこの部分を、読み忘れることのないようにしましょう。

次のページは説明会でチェックするポイントです。>>次のページへ

バックナンバー

NINJA TOOLS
ホームページ、ブログ、アクセス解析からアフィリエイトまで、無料で作成・登録できます。

Copyright © 1998-2012 CyberAgent, Inc. All Rights Reserved.