サーチタイムズ

女の一生 マネーシミュレーション

第3回 ライフプランの作成(2)〜将来のマネーシミュレーションをしてみよう!

現状の年間収支と貯蓄額を確認する

あなたの年間の手取収入はいくらですか?そして、1年間にいくら使い、いくら貯蓄していますか?
ライフプランに基づいて中長期的なマネーシミュレーションをする為には、現状の年間手取収入と年間支出を把握し、現在の貯蓄額を確認することからはじめます。
まずは、家計収支表を作成してみてください。「いつも適当におカネを使っていて、いったいいくら使っているのかわからない」「いつもカードやローンで買い物をし、気が付いたら支払に追われている」「今いくら貯金があるのかわからない」等、現状の把握ができていない状態では、将来のマネーシミュレーションを行うことができません。この機会に、しっかり確認しましょう。

家計収支を把握してみよう!

<現在の収入>

  年間手取収入
本人の手取収入 円/年
配偶者の手取収入 円/年
その他の収入 円/年
 
年間収入合計
(A)
円/年

※収入のない項目には"0"を入力して下さい。

家計収支を把握してみよう!【現在の収入】

<現在の支出>

  年間支出額
基本生活費 円/月
住居費 円/月
教育費 円/月
保険料 円/月
その他の支出 円/月
 
年間支出合計
(B)
円/年

※収入のない項目には"0"を入力して下さい。

家計収支を把握してみよう!【現在の支出】

年間収入合計(A)  −  年間支出合計(B)  =  年間収支(年間貯蓄額)です

  −    =  円/年

プラスの場合は、年間の貯蓄額です。 マイナスの場合は、貯蓄の取崩額です。実際の、年間貯蓄額(あるいは年間の貯蓄取崩額)と比較して、ズレがないかを確かめてみてください。

<年間支出額がわからない場合>
(年間支出=年間手取収入−年間貯蓄額)で計算できます。

キャッシュフロー表を作ると、いろんなことが見えてくる!

キャッシュフロー表とは、中長期的に(20〜30年)、収支と貯蓄残高がどのように推移していくのかを確認する為のツールです。キャッシュフロー表を作ってみると、いろんなことが見えてきます。
まずは、収入。収入の推移は、キャリアプランや家族のプランがイメージできていなけれ ば、将来の収入の予測ができません。結婚をすれば、配偶者の収入が加算され、世帯収入はあがりますが、結婚後、出産して、女性が働かないことを選択した場合、世帯収入は減少します。結婚・出産後のキャリアプランをどう描くかで 収入は変化し、将来のキャッシュフローに大きな影響を与えます。あなたの将来の収入はどのように変化していきますか?
そして、支出。きちんと家計管理できていなければ、支出欄を埋めることができませんし、もちろん将来予測も不可能。家族が増えれば、基本生活費や教育費等は増えていきます。家を買えば、住宅ローン・・等、支出の項目も変化していきます。今独身で、家族のプランのイメージがわかないという人は、1人で生きていった場合の収支のシミュレーションをし、プランに変化があった場合は、追加・修正してください。
キャリアプラン・家族のプラン等、中長期的な自分の夢や希望をすべて満たした場合の収入・支出の推移を予測し、キャッシュフロー表を作成してみましょう!

キャッシュフロー表はこちら(一例です)キャッシュフロー表

キャッシュフロー表を分析する

キャッシュフロー表を作成したら、次のような観点で分析してみましょう!

  • 将来の収入はある程度予測できる? できない? また収入がなくなってしまう年はない?
  • それぞれの年の年間収支(年間収入−年間支出)は赤字?黒字?
  • 年間収支の赤字は続いていない?
  • 貯蓄残高が赤字になる年はない?(貯蓄残高が赤字・・ということは借金しないと生活できません)
  • 年間収支・貯蓄残高が赤字になる原因は何?
  • 今の状態で、希望したライフプランの達成は経済面から見て可能?夢は実現できる?

キャッシュフローを改善する方法は3つ!

キャッシュフロー表に問題があれば、改善策を講じていかなければなりません。改善策の考え方は大きく分けて次の3つ。そして、その方策は様々です。

キャッシュフローを改善する方法は3つ!

自分の将来をマネーシミュレーション(キャッシュフロー表を作成)し、今できることは何か考え、実行していきましょう。そして、プランが変わったら、シミュレーションをし直す。これがとても大切です。

▲ページTOPへ

バックナンバー

Copyright © 1998-2012 CyberAgent, Inc. All Rights Reserved.