サーチタイムズ

イザというときに慌てない 葬儀屋さんの選び方

葬儀屋さん選びは日ごろの情報収集から

結論から言えば、葬儀屋さんは事前に選んでおくのが一番いいと思います。

ご高齢や、長い闘病のすえに亡くなる場合では、家族の負担も大きいし、同時に少しでも長く生きてほしいという思いが重なり、なかなか葬儀のことに頭がまわらないでしょう。突然の事故や事件で亡くなる場合ですと、当然、ご家族も亡くなると思っていないわけですから、何も準備していないでしょう。

イザというときに慌てない 葬儀屋さんの選び方

どちらの場合も、身内の死という悲しい現実に直面してから、戸惑いと不安の中で葬儀の準備を始めないといけません。その結果、最も現実的なのが病院や警察に葬儀屋さんを紹介してもらうことだと思います。

病気で入院中に亡くなった場合はもちろん、事故などで亡くなった場合も、病院に遺体を運び、お医者さんに死亡を確認してもらいます。あるいは、病院外で明らかに死亡が確認されている場合は、警察に運ばれて検死を受けます。

そして、どちらの場合も、死因が特定されたら遺体を自宅などに搬送しないといけません。このとき、あらかじめ決めている葬儀屋さんがあれば、そこに連絡してお願いできます。しかし多くの場合、どこに頼んでいいのか分からず、病院や警察が紹介する葬儀屋さんに依頼してしまうようです。さらに、そのまま葬儀まで一貫してお願いするケースが多いとか。

しかし、病院や警察の紹介だからといって安心はできません。実際のところ、評判の悪い業者がそういったところに取り入って仕事を確保している例が少なくないといわれます。病院や警察も、単に登録された業者を紹介するだけです。その後、そこに葬儀を頼むか否かは、あくまでも本人の意思。何かトラブルがあっても、責任はとってくれません。

葬儀のトラブルで一番多いのが、業者まかせになり希望の葬儀ができなかったというケース。さらに、当初の話より大幅に費用がかかったという事例が多いようです。

実際、喪主というのは何度も経験するものではありません。そのため、何をどう進めればいいのか見当がつきません。また、何にどのくらいの費用をかけるのが適切なのか判断できません。その結果、葬儀屋さんに勧められるまま、任せてしまいがちです。

それでも良心的な葬儀屋さんであれば、事前に見積書を出してくれるし、その予算から大きく外れることはないでしょう。問題なのは、細かな見積書を出さない業者。さらに、あとから次々と費用を水増ししたり、当初はなかった費用を追加してくる悪徳業者です。

病院や警察に紹介された葬儀屋さんに自宅までの運搬とドライアイスの手配を頼んでも、葬儀を同じ業者にお願いしなければいけないという決まりはありません。その段階で複数の業者を呼んで、見積りをもらい、納得がいくまで説明を受けてから選んでもいいのです。

また、地元のお寺さんと親密なお付き合いがあるなら、お寺さんから葬儀屋さんを紹介してもらうほうが安心かもしれません。

しかし最も良いのは、普段から地元で評判のいい葬儀屋さんを見つけておくことです。地元で長く商売できるのは、それだけ堅実に仕事をしている証拠です。

さらに、家族が元気なうちに自分はどんな葬儀を望むか話し合っておくといいでしょう。仕事仲間や友人をたくさん呼んで盛大に行ってほしいのか、親族だけで質素に行ってほしいのか。最近では、従来の葬儀とは異なる「お別れ会」を望む人も増えています。そういった希望をかなえてくれる葬儀屋さんを予め見つけておけば、イザというとき冷静に対処できるでしょう。

Copyright © 1998-2012 CyberAgent, Inc. All Rights Reserved.