サーチタイムズ

  • トップ > 
  • 不動産 > 
  • 無駄なく、ラクして安心 引越しマニュアル

無駄なく、ラクして安心  引越しマニュアル

引越しの見積もりってどうやるの?何から始めたらよいの?
初めて引越しをする人にもお役立ちの、引越しマニュアルをお届けします。

ステップ2 引越しコストを節約しよう
引越しコストを節約しよう引越し費用は、特に相場がなく、引越し業者によっても差がでるものです。まず安心・安全が第一ですが、交渉次第で値引きされることや、サービスを追加してもらうこともできます。ここでは、見積もり交渉のポイントをご紹介。

引越し業者は同じ条件で見積もりを依頼して、しっかりと内容を吟味することが 必要です。低価格や、オプション付、女性スタッフによる女性のためのサービス など、各引越し業者ごとに、打ち出しているサービスポイントが異なりますので 自分のニーズにあったところを選びましょう。

1. インターネットを利用

「引越し業者」を検索すると、「一括見積もり送信」ができるサイトがたくさんヒットします。これらを使うと、引越し日程や荷物の量などの条件の入力だけで、引越し料金の概算見積もりを入手できます。時間がなくても数十社から概算見積もりを受け取れ、適正価格を知ることができるので便利。また、返信メールの文面や対応の良さや迅速さをある程度判断することができます。ここから実際に見積もりを取る業者を絞り込みます。

2. 見積もりは複数社から

最低3社くらいからは見積もりを取ることがおすすめ。大手、中小、地元の業者の3社だと理想的です。それぞれの営業マンに荷物の量や住居の状態を実際に見て、見積もってもらいます。営業マンはたいてい即決を迫ってきますが、焦る必要はありません。押しの強さにまけず、まず見積書にきちんと目を通し、値切り交渉をするもよし、後日決定するもよし。とにかく、焦って決めると損なのです。

3. 見積もり表のウラを読む

まず、第一に信用できる業者かどうか、が重要。所在地やトラブル時の連絡先などが明記されていることを確認します。
見積もり料金は、それに付随するサービスとのバランスが大切。十分なサービスが適正価格で受けられることを考えましょう。当日のスタッフの人数が増えた場合や、荷物がトラックに積みきれなかった場合、荷物が破損または紛失した場合の補償や対応についても事前に確認しておくのがおすすめです。万が一のことを想定して、見積もり書は焦らずじっくり読み、わからないことは積極的に質問しましょう。

4. 早めがお得!

一般的に3〜4月と9月は、引越しシーズンのため希望日程の予約ができないばかりか、料金も通常より割高なる可能性が大。また、大安の日よりは仏滅の方が安いことがあります。これらを踏まえて、早めに見積もり請求するといいでしょう。

5. 引越し内容は明確に

見積もり時の荷物量の目安として、家電や家具の大きさとは別に、「ダンボール20箱」などと表現することがあります。が、これは素人が見てわかることではないので、営業マンに見てもらうのが一番確実。「この荷物は運びます。あの荷物は廃棄します」というふうに、明確に営業マンに伝えましょう。このとき、料金を安くしようと荷物を少なく申告する、なんてことはNG。引越し当日にトラックに乗り切らないなどトラブルの元になるので、正直に伝えましょう。

6. おトクにすませる交渉術

さて、ここからが値切り交渉です。料金は低く、サービスはたっぷりしてもらうために、使えるテクニックが2つあります。
1つは、競合他社の値段をちらつかせることです。複数社の見積もりを同じ日に設定し、「A社は○円だった」とか「B社はこんなサービスがあった」と言うと、値引きしてくれるか、またはサービスを追加してくれます。例えば「家電の廃棄料金をサービスします」と言われた場合でも、今は家電の廃棄に数千円がかかるので、引越し料金が値引きされたのと同じことです。
もう1つは、営業マンは即決してもらいたいものなので、逆にこれを利用しましょう。「1万円下げてくれたら即決します」というと、営業マンも即決してもらうために、値引きを検討してくれる場合があります。
複数社の見積もりを上手に利用すれば、かなりの値下げも可能。焦らずじっくり交渉しましょう!

次のページは“ステップ3 引越し梱包テクニック”です。

1 /  2 /  3 /  4 >>次のページへ

Copyright © 1998-2012 CyberAgent, Inc. All Rights Reserved.