サーチタイムズ

  • トップ > 
  • 不動産 > 
  • 無駄なく、ラクして安心 引越しマニュアル

無駄なく、ラクして安心  引越しマニュアル

引越しの見積もりってどうやるの?何から始めたらよいの?
初めて引越しをする人にもお役立ちの、引越しマニュアルをお届けします。

ステップ1 引越し方法を決めよう
引越し作業のうち、どの部分を引越し業者に任せるか。それによってコストやリスクが変わってきます。荷物の多さや種類によって選びましょう。

引越し方法を決めよう 引越しには運送費などの引越し代金以外にも敷金・礼金、さらに、実家を出て初 めての一人暮らしを始める場合などは新たに家電製品や家具などを購入する必要 があるため、かなりの出費する覚悟が必要です。お金にあまり余裕がないなら、 引越しは友人の手を借りて自力で行うという方法もあります。仕事などが忙しく 、時間に余裕のない場合は、梱包から配送まで、すべてまとめておまかせするこ とも可能です。予算や時間、体力に合わせて引越し方法を決めましょう。

1. 自力で運ぶ!

ワンルームなど1人暮らしや、近場への引越しの場合は、自力でも十分可能! 車がなければレンタカーを借りたり、ダンボールがない場合は調達するなど手間はかかりますが、一番安上がり。ただ、手伝ってくれる友達をたくさん呼んでしまうと、お礼や食事代などが結構かさむ場合も。また、レンタカーに乗らないほど大きい家電・家具がある場合や、楽器などデリケートな荷物がある場合は、リスクもあるので注意が必要です。

必要なもの 人手(1〜2人)、車(レンタカー)、梱包材
コスト レンタカー代+ガソリン代+荷造り材料代+友人への謝礼

2. 自分で梱包、運送会社を利用

荷物が少なくて近距離の場合は、運送会社も便利。軽貨物自動車での運搬ですが、結構詰め込めます。1人暮らしのお引越しにはぴったりで、比較的安上がりです。通常ドライバー1人が荷積みを手伝ってくれますが、必要であれば2人でも依頼できます。また、大きな家具・家電など積みきれない荷物がないかなど、確認しておくことをおすすめします。梱包は通常任せられないので、しっかり事前に梱包しておく必要があります。

必要なもの 梱包材
コスト 運搬料金+荷造り材料代

3. 自分で梱包、運搬を引越し業者に

荷物が多くても、遠距離でもOK。ただ、引越し業者によって料金にバラつきがあるので、事前見積もりをしっかり比較することが大切。(見積もりについては、引越し見積もり交渉術へ!)←こちらカッコ内はリンクテキストへ。 1社に決定すると、ダンボール等の梱包材料をサービスでもらえる場合が多いので、大きな家電や家具以外の荷物を、事前に梱包しておく必要があります。

必要なもの 特になし
コスト 引越し料金

4. すべてを引越し業者にお任せ

家族での引越しや、荷物が多い場合、梱包する時間がない場合などは、全部プロにお任せ。荷物の梱包から運搬、引越し先での荷解きまで、全部をお願いすることができます。高価な荷物や品物がある場合には、やはり梱包のプロなので迅速・安心。万が一の場合の補償も整っています。引越し業者によっては、引越し先での諸手続き(例えば電力の廃止と再点や、新聞の手配など)も任せることも可能です。

必要なもの 特になし
コスト 引越し料金

次のページは“ステップ2 引越しコストを節約しよう”です。

1 /  2 /  3 /  4 >>次のページへ

Copyright © 1998-2012 CyberAgent, Inc. All Rights Reserved.