サーチタイムズ

正しい不動産屋さん選び

初めての賃貸物件探しのお役立ち情報。
最適な不動産屋さん選びや物件チェックのポイントなどをご紹介します。

(1)不動産会社の探し方
幸せな賃貸ライフはよい不動産屋さんとの出会いから

賃貸のアパートやマンションは、住宅情報誌やインターネットで探すこともできます。でも確実なのは、実際に住みたいと思う沿線へ行って、地元の不動産屋さんを訪問すること。不動産屋さんは、大きく分けて2種類あります。その沿線を中心に複数の店舗を構える大型店。それと、1店舗だけで営業する小型店です。

大型店のメリットは、広範囲にわたって多くの物件を持っていること。大まかなエリアは決めているけど、具体的な沿線や下車駅は決めていないといった場合、大型店だと支店が管理する物件も含めて広い範囲を対象に部屋を探すことができます。接客方法もマニュアル化されていて、押しなべて対応もいいでしょう。

一方、小型店のメリットは地元密着であること。大家さんから直接まかされている物件を持っていることも多く、掘り出し物が見つかる可能性が高いです。また、家賃や手続きなども何かと融通が利くことがあります。

大型店と小型店、どちららが良い悪いということはありません。大型店のデメリットとしては、細かな点で融通が利かない、あるいは営業ノルマが厳しいときは強引な営業活動があるといったケースがあるようです。小型店のデメリットは、やはり物件の数が少ないことと、店によって対応のバラツキが大きいことでしょう。

さて、実際に複数の不動産屋さんを回ると分かりますが、同じエリアの不動産屋さんが同じ物件を持っているケースが多々あります。大家さんから直接依頼されている不動産屋さんは1軒なのですが、地元の不動産屋さん同士で委託しているのです。

そして、契約を取った店が委託先だと、元受け店から手数料が払われる仕組みです。とはいえ、借主が払う金額が増えるわけではありません。仲介手数料を、不動産屋さん同士で分配します。ただし、契約のとき元受けの不動産屋さんへ行くよう指示される場合がありますが、あわてないでください。

悪い不動産屋さんの例は、大型店でも小型店でも見受けられます。代表的なのは、借り手の付かない不良物件を押し付けようとすること。特に、事件や事故のあった部屋は格安なのに借り手がつかないケースが多く、注意が必要です。

明らかに違反なのは、広告やインターネットに掘り出しもの物件の情報を載せて、実際に訪問すると「決まってしまった」といって別の物件を勧める行為。いわゆる「おとり広告」と呼ばれるものです。

あとは、借り手の感じ方で良くも悪くも取れるケース。優良な物件をたくさん持っているものの、平均して家賃が高い。あるいは、掘り出し物を持っているのに営業に熱意が感じられない。これらをどう取るかは、個人個人の考え方でしょう。

次のページは“(2)賃貸物件を下見しよう”です。

1 /  2 /  3 /  4 >>次のページへ

Copyright © 1998-2012 CyberAgent, Inc. All Rights Reserved.